スモークガラス風に薄いフィルムを貼るだけで、車の窓ガラスの機能アップを図れるのがカーフィルムです。
カーフィルムには意外な効果がたくさんあり、カーライフを快適にしてくれます。

定番の効果としては断熱や遮熱性があるので、冬は暖かく夏は涼しく車内を保ってくれます。
また、女性には嬉しい紫外線カット効果があるので、日焼けを防いでシミ予防にも役立ちます。
紫外線は肌の大敵なので、長時間のドライブの時には役立ちます。

また、暑い季節にはじりじりと焦げ付くような赤外線で、車内のエアコンの効きが悪くなってしまいますが、カーフィルム赤外線カット効果もあるため、エアコンの機能を生かすことができます。

フロントガラスにも貼れるフィルムラッピング

そして、信号待ちなどで車が停止中に隣の車から車内をジロジロと見られると、やはり良い気はしません。
車内の明るさはそのままに外から見えにくくする働きを持っているので、プライバシー保護に役立ちます。

万が一窓ガラスが割れたりひびが入ったりしても、ガラス片が飛び散るのを防いでくれて、怪我などをしにくくなるというメリットがあります。

また、小さなお子さんがいるご家庭では、健康に関して様々な気になる事があるのではないでしょうか。

車などでお子さんと移動する家族の場合は、様々な点に気をつける必要があります、第一にチャイルドシートをしっかりと使用するという事ではないでしょうか。

チャイルドシートは、大切な我が子をしっかりと守る意味でも、非常に重要なので、必ず取り付けるようにしましょう。

また子供を乗せて運転する方が気になる事で多いのが、紫外線の影響ではないでしょうか。

車は日差しを浴びやすく、日光を直接受ける事が多いです。赤ちゃんなどは、皮膚がまだ弱いので、日光などに当ててしまうのは、問題になるので、なんらかの対策が必要になるでしょう。

そこでオススメなのが、カーフィルムを使用して、赤ちゃんを守るという事です。

あとから貼り付けるカーフィルムは紫外線カット率99%以上あります。一方、市販品の〇〇バックスなどで売られているカーフィルムやディーラー純正ガラスのUVカットは40%前後カットといわれています。同じ紫外線カット、UVカットでも数値まで知らない方も多いのが現状です。
ディーラーの営業マンでさえ知りませんからね~~

カーフィルムは、UVカットになっている商品が多いので、赤ちゃんを守る上で非常に役立つアイテムと言えます。自分で取り付ける事もできますし、キレイに仕上げたい場合は、プロに頼むのが良いでしょう。

事故などでガラスの割れた経験をお持ちの方はお分かりだと思います。フロントガラスは道路交通法で合わせガラスになっています。しかも合わせガラスの真ん中はUVカット性能がついたフィルムが挟まっています。そのために割れても飛散しません。搭乗者が外に飛び出すのを防止しているのです。

では、それ以外のガラスについてはどうなのでしょうか?
運転席、助手席から後ろの窓全面は高級車の一部を除いて、フロント以外は強化ガラスなので割れにくいが一度強力な衝撃が入ると粉々になってしまうのです。
大地震の時に事故を減らそうと、各企業が使用しているビルや、公共施設の学校など窓ガラスに断熱効果とUVカット機能に合わせて飛散防止としてフィルムを張っているのをご存知でしたか?
大怪我の元になってしまうのです。ガラスの怪我は一大事ですからね!

それ以外にも大きな効能は割れたガラスが飛散しないこと、フロントガラスであろうが特に再度ガラスは強化ガラスのために割れると粉々になります。割れたガラスが社内や洋服の中に入って2次災害になることもあります。カーフィルムを張ったあると割れたガラスはフィルムについたままなので、このような2次災害にも有効です。

人体を保護するという意味でもプロテクションカーフィルムには様々な効果効能があります。

たかがカーフィルム、されどカーフィルムとして機能を十分に満喫してくださいね!